母乳育児について

妊娠中や出産後のママの思うことのひとつとして、母乳育児ができるかどうか、ということがあるでしょう。母乳育児はメリットが多く、ミルクで育てるより良いとされています。では母乳育児のメリットについて考えていきましょう。 まず、母子相互作用という効果があります。こう書くと難しく聞こえますが、母子共に心情にすごく良いということです。ママはの母乳を一生懸命に飲んでいる赤ちゃんを見て心が満たされ、また親子の絆が強く深くなります。赤ちゃんは、母乳育児をすることによって心身共に満足感と安心感が得られ、豊かな人格が形成されると言われています。

そして、母子ともに母乳育児は体にも良いものです。母乳には免疫物質が含まれているので赤ちゃんに早く免疫がつきます。乳幼児突然死症候群の予防にもなります。ママは子宮の収縮が早まり、産後の回復が早まり、マタニティブルーになりにくいとも言われてます。そして妊娠中に太った体重は母乳育児で、産後ダイエットは成功しやすくなります。ミルク代がかからないので経済的にも助かるし、何かと赤ちゃんとお出かけすると増える荷物も少なくてすみます。

もちろん母乳育児ができて、完全母乳が良いともされていますが、それぞれの事情で母乳がでなくて悩むママもたくさんいます。母乳育児が推進されていますが、一番はママの健康と赤ちゃんの健康です。絶対にしないといけないものではないので、ストレスを溜めないで自分の子育てを進めていくの一番です。

※管理人特選サイト
子育て専門誌でも取り上げられている、母乳不足でお悩みのお母さんにお勧めのハーブティーです → → → 母乳 ハーブティー

Copyright © 2014 母乳育児のメリットとは All Rights Reserved.